Soul Surfer

幼い頃からサーフィンを行い、コンテストの子供部門で優勝、リップカール(英語版)がスポンサーにつくほど将来のプロサーファーとして期待されていた[1]。

2003年10月31日の朝、13歳の時にカウアイ島の海岸で親友とその父兄弟とサーフィンを楽しんでいたが、体長14フィートから15フィートのイタチザメに襲われて、左腕を肩の下から食いちぎられた。救助され病院に運ばれたが、全身の血液の60%を失っており病院での回復まで7日間かかった。

事故のトラウマにもかかわらず、彼女はサーフィンに復帰することを決心、1ヶ月も経たずに再びサーフィンを始めた。以前より長く、やや厚いボードを特注してパドルを容易に操作できるようにした。また左手を失った代わりに足をより使う必要があることに気づいた。





コメント

このブログの人気の投稿

Registration on Amazon

Piwigo Photo Album

iPhone 4s のバッテリー交換