Trip to New Zealand #17 Stay in Invercargill

インバーカーギルの朝
結構早い時間に眠ったのですっきり!!といいたいところですが、残念ながら朝方4時半から5時に掛けてstormがやってきて、起こされてしまいました。(涙)昨日の夜に比べて、雨はそのままで風が3倍くらい吹いている。ちょうど関東圏を台風が通過する時のような感じでゴォーゴォー外で風の音がしている。なんてときに旅行に来たんだと思いながらも、また眠りに付く。
7時半くらいに目が覚める。いつもの時間に比べると1時間半も遅いので良く寝た気分。しかし時差をあわせると、4時半の起床となる。。。早いな。(笑)
目覚ましにシャワーを浴びてから着替え、荷造りを行い忘れ物がないか点検してから、リビングへと向かうことに。この時点で雨はやんでいたのですが風がまだ少し強い。しかし風の吹いているほうを見ると青空が見える。このまま雲を流してくれれば、良い一日になるのにな~!!




リビングには誰もいないので、キッチンにいって挨拶と食事を取るよ!ということを伝えに行った。○テーブルに用意してあるもののどこに座っていのか迷ったが、外の景色が見える席へと座った。朝食といえどB&Bの定番、コンチネンタルブレックファスト。トースト・シリアル・タマゴ・ヨーグルト・フルーツ・オレンジジュース&ミルク。シリアルは3種類あったが今までに食したことがないので食べ方もどの味がうまいのか?まったく判らなかった。せっかく来たのでチャレンジしてみることした。聞いてみるとシリアルはポピュラーなものを勧めてくれ、食べ方というか調理の仕方?まで教わった。ようは何入れても良いようだ。(爆)シリアル+牛乳+フルーツ+ヨーグルト=シリアルの完成品。食べた感想は????食べなれていないので美味しいとは両手を挙げていえないが、食べれないこともない。健康にいいと思えばずっと食べられそうな味でした。
あと、タマゴの味が日本とはまったく違って結構味にくせがあった。また食べ方もボイル(茹で)にすると半熟の状態で出てきて、卵カップみたいなものに立てて、スプーンで上から叩き割りながらすくって食べる。結構ぎこちなく食べていたら教えてくれて、日本じゃもっと硬くゆでるといったら、ニュージーはこれが普通って逆に返されました。(笑)習慣の違いって面白いですね。
このあと、二人で食事をしながらつたない英語を駆使しながらお話をしました。そこで分かった事はここに住みたいと思うようなことでした。
・年間に休日以外に6週間のバケーションがある。
・さらに2週間のスペシャルバケーションがある。
・高い建物がない (water towerが一番高い)
・ワーキングタイムが短い
・人が少ない(笑)
これって、日本とまったく逆ジャン!!と思いながら、うらやましく聞いていました。

コメント

このブログの人気の投稿

Piwigo Photo Album

Registration on Amazon

iPhone 4s のバッテリー交換