Trip to New Zealand #13 Arrive at Invercagill

本日の最終目的地 インバーカーギルに到着!!
ビバレッジサービスも終わり、着陸に向けての最終案内が流れました。この長かった成田-インバーカーギルの移動ももう少しで終わる。ほんと飛行機しか乗っていない。(涙)外を見ると、小さな町のせいか灯りがまばらでこじんまりとした町というのが容易に分かる。また、懸念していたというか前から分かっていたとおり、インバーカーギルは大雨でした。この雨だけは厄介ですね。どうしようもない。天気が良いか悪いかでその街や訪れた町の雰囲気が大きく変わってしまう。とても残念。
無事に定刻どおりインバーカーギル空港に到着したが、今夜泊まるBurtonwood B&BのPeterが迎えに来てくれているかな??おそらくすぐに見つけてくれるだろう。なぜかと言うと、この飛行機に乗っている日本人、いやアジア人は私一人しか乗っていなかったのです。
結構な雨が降っているのに、滑走路を歩かされると厳しいな~とおもっていたら、こちらはちゃんとターミナルと飛行機をつなぐコネクター?(なんていう名称か分からないので知っている方、是非教えてください)があったので濡れずに飛行機を降りることが出来ました。
ここで驚いたのは、コネクタートンネル?(名称が分からないのでこう呼びます)を抜けるとすぐ、出迎えの人たちが居る。なんで?日本じゃありえませんよね?やはり小さい空港だから?しかも、コネクタートンネルを抜けてから10mも歩かないうちに階段がありメインフロアへ。じゃ~私の預けた荷物は???どこ??と、キョロキョロしながらメインフロアにつくと、居ました。Wellcome Ktymと書いたボードをもったPeterが!!これで一安心ですが、私の荷物はどこ???一言二言挨拶を交わしたあと、荷物は?ときかれて、預けたと言うと、OK!と言いながら、外へ出て行くではないか!どこへ?そう、この空港は委託手荷物のピックアップ場所がとなりの棟にあったのです。その間、インバーカーギルについて簡単に話をしてくれた。あまり英語が話せない私にとって、ゆっくりとわかりやすく話をしてくれたPeterの配慮に感激しました。(笑)聞くところによると、相当な税金を投じてこのインバーカーギル空港を建て替えたことや、小学生の2week Holidayに入るからたくさん子供が居るんだよって。そうこうしているうちに、荷物が流れてきたのでピックアップした後、Peterの車に乗りB&Bへ向かいます。
ま~それにしても凄い雨。天気予報どおりで、残念などと話すと昨日は晴天だったと。。。。そんなこと言わなくてもいいのにね。。。。さらにへこむ。空港からはやく10分くらいの場所で、前回説明したインバーカーギルのi-Siteの近くにBurtonwood B&Bはあります。道中に駅や町やなぜかKUMAGAIと書かれた石碑!?がライトアップされていたり。。。。<意味不明
無事に到着。今までの道中を話すと結構笑っていた。荷物を置いて、夕食を食べに行くために店を紹介してもらいそこまで送ってもらいました。。。。

コメント

このブログの人気の投稿

Piwigo Photo Album

Registration on Amazon

iPhone 4s のバッテリー交換