Trip to New Zealand #012 To Invercargill

最終目的地のインバーカーギルへ
一通り、このあと予定している情報パンフレットを全て抜き取り、飛行機の中で読もう!!
といっても、まだ30分くらいの時間があるので空港内の探検をすることに。。。やはりどこの空港にもあるものですね!!展望デッキ。お約束のように行ってきました。時間にして18時前なのでちょうど夕暮れ。


思ったより小さいです。さすがにDomestic Line。こじんまりとしたターミナルです。(笑)
飛行機は全て??プロペラ機でジェットは国際線のみのようです。


驚いたのが、チェックインがすでに済んでいるからなのか分かりませんが、搭乗開始が15分前からスタート。日本じゃ考えられないですね。(笑)正確には 15分切ってからの案内でした。飛行機が小さいからか?それともお行儀がいいから??(笑)18列で左右2席づつなので72人乗りの飛行機。それにしても 子供が多い????後で聞いた話ですが、ちょうど金曜日で学校が終わり日本でいう春休み(NZでは秋休み??)みたいなのが始まる体という事でした。 (Peter談)
15分をきってからの搭乗開始ですが、もちろんここにも驚きが!!もうすでに日本ではあまり見かけなくなった乗り込み方式。そう、滑走路を歩いて乗り込む!!

余談ですが、夜間の撮影は難しいですね!!
下の写真のように、こんな感じで後からの搭乗です。15番って書いてあったから、結構前と思っていたらじつは後から3番目。通路も狭い。この飛行機なら機 内持ち込み制限が厳しくなるのはあたりまえだな~~(笑)自分の持っているトローリーケースはどう考えても入らない。預けてよかった。
機内食はさすがになく、コーヒーとビスケットとAir Newzealandのロゴ入りキャンディーでした。というか、時間は夕食時間ですが、飛行機に乗るたびにいろんなものが出てくるので、結構おなかいっぱ い。これくらいでちょうど良かった。。。。。(笑) あと、驚いたのが、このキャンディーを配るのを地元の小学生が手伝っていました。日本じゃ安全管理が どうのこうのってうるさいけれど、ここニュージーはとてもおおらかで、喜んで子供たちが配っていた。
おっと、この飛行機でどこへ行くかをお伝えしていませんでしたね。クライストチャーチからインバーカーギルという街までで、フライト時間はプロペラ機で1時間20分。このまちがニュージー最南端の都市??というか街です。
さて、空港に今晩宿泊する予定のBurtonwood Guest House のPeterが迎えにきてくれているかな???

コメント

このブログの人気の投稿

Registration on Amazon

Piwigo Photo Album

iPhone 4s のバッテリー交換