Trip to New Zealand #009 Immigration

クライストチャーチ空港 入国審査 その2
当然そんなところにチェックを入れたので持ち物検査が始まります。この長いカウンターはそのためか!!(笑)と、思いながら、妙に感心してしまう。写真に 撮りたい!!!と強い衝動に駆られましたが、いちおう取調べを受けている身。余計なことをして入国が取り消されるかも?しれないので、やめておこうという 事でここは我慢、我慢、我慢。。。。。
日本語のファイルを見せられて、新たに書類を記入することに。。。この時点で向こうの係員は少し笑顔を見せる。なんかほっとしたようでした。(そりゃ~そ うだよね~)とはいっても規則は規則なので、リュックの中身を全て出しなさいといわれ、順番に出していく。その中で、特にチェックされたのが携帯電話。こ の携帯電話をガーゼみたいなもので拭いたあと、機械にかけて何かの反応を見ていたようです。当然やましいものが一つも無いので、ビビルことなくなにの検査 しているのだろうか?と、そっちのほうが気になった。残るリュックも隠しポケットが無いか????入念に調べられたのは言うまでもありません。。。
結果はシロとなってからは、とてもフレンドリーな係員に豹変。私のラップトップを見てこんな薄いのは見たことが無い。EOS kiss-Dをみては良いカメラだな!何枚取れるのか?日本円でいくらだ?なんて話し掛けてくる。(笑)
単純なミスからこんな大げさになるなんて思ってもいなかったので、次回からは十分に気をつけないといけないと、胸に刻み入国に成功。ま~これもハプニング集のひとつとして、あとで笑い話となるでしょう!!
ふぅ~~~
ようやく通過ですが、最後に手荷物をX線にて再検査。おそらく持ち込み禁止物のチェックかと思います。相対でしかチェックしていなかったので、X線を通すことで確認できる。危険物と言うよりも食料品関係の持込がとても厳しい国と言うことを痛感しました。

コメント

このブログの人気の投稿

Piwigo Photo Album

Registration on Amazon

iPhone 4s のバッテリー交換